薬剤師求人│転職のメリット・デメリット

最近の薬剤師求人の特徴とは?安易な転職は避けるべし

薬剤師求人│転職のメリット・デメリット

薬剤師は国家試験資格を持っているので、看護師と同じように転職しやすい職業だといわれています。特に、薬剤師の転職でメリットとなる点は「Uターン・Iターン転職しやすい」ということが挙げられます。
広島県薬剤師会

今勤めている職場に不満があるといった転職理由ではなく、たとえばご主人の転勤や実家に戻って生活の基盤を作るといった場合、薬剤師にとって転職は有利になります。

首都圏などの都市では、調剤薬局のチェーン展開が進んでおり、大手に統合されるところが多くなっています。そのため、給料体系なども平均化しており、特別高いとはいえないのが実情です。

ところが、地方に行くと、高齢者が多いため、調剤薬局は人口密度に比べて多いのですが、肝心の薬剤師が不足しています。そのため、好条件で薬剤師を求めていることが多く、都市部よりも引く手あまたという状況が生まれています。

これまでの薬剤師の職場といえば、調剤薬局が多かったのですが、他でも活躍する人が増えてきました。たとえば製薬会社のCRA(臨床開発モニター)、CRC(治験コーディネーター)などは、薬剤師という資格を生かしながら、調剤とは全く違う知識を吸収しキャリアアップできるというメリットがあります。

では薬剤師の転職でどのような点がデメリットでしょうか。ひと昔前は、今よりも高収入を求めて次々に転職を繰り返すという薬剤師もいましたが、現代では、そのような理由から転職活動をしている人にとって厳しい時代かもしれません。

薬剤師という資格は一生ものです。そのため、資格を持っている人は年々増えることになり、さらにこの不況で薬剤師の資格を持った専業主婦が職場に復帰するという傾向も強くなっています。特に都市部では、薬剤師の資格を持っている人が「タブついている」状態になっており、「薬剤師=高収入」とは言い切れなくなっています。

そのため、雇用する側である病院や薬局、ドラッグストアでも、職場の定着率が高く、長期間にわたって働いてくれそうな人を優先的に採用する傾向が強まってきています。
薬剤師求人-製薬会社で勤務する場合

管理薬剤師の勤務時間は長い?

薬剤師は、ただでさえ数が足りていないと言われることが多いです。そのため、人手が足りていない職場では一人あたりの負担が大きくなり、勤務時間も長くなる傾向にあります。管理薬剤師はそういった薬剤師よりも上のポジションとなるため、薬剤師よりも勤務時間が長くなってしまうことは珍しくありません。

ほぼ毎日残業をしているという管理薬剤師も多いので、管理薬剤師になる場合は残業は避けられないと思ったほうがいいですね。ただ、デメリットばかりではありません。残業をしたり、勤務時間が長くなるということは、その分たくさん稼ぐことができるということにも繋がります。

医療関係の仕事は基本的に高収入だと言われることが多いです。それは看護師や薬剤師でも同じことなのですが、収入が多くなる一番の理由は、残業の多さにあります。

残業が多い職種としてサラリーマンが挙げられますが、サラリーマンの場合は残業がサービス残業扱いになってしまうことが多いですよね。管理薬剤師はただでさえ時給が高いところに残業手当がつくわけなので、多くの収入が得られます。

また、管理薬剤師は常駐している必要があるので、営業時間が長いドラッグストアなどで働く場合、どうしても労働時間が長くなってしまうでしょう。近年は、20時まで、21時まで、とかなり遅い時間まで営業している店舗も増えてきました。

管理薬剤師として働きたいものの、あまり遅くまで勤務するのは難しいと思っているのであれば、18時閉店の店舗を探して応募してみるのもいいですね。業務内容も多岐に渡り、労働時間も長いことから、ただ給与アップを目指して管理薬剤師になったとしても長続きしない可能性があります。

同じ管理薬剤師でも職場によって働きやすさは変わってくるので、管理薬剤師として働く場合は転職サイトなどを活用して、できるだけ労働条件が厳しくないところを選択することが大切です。管理薬剤師として就職すると長く勤めることになるので、職場選びは慎重に行いましょう。